メインイメージ画像

どこまでを信用するのか

口コミを参考にして中古携帯を購入するという人もたくさんいるのではないでしょうか。ネットでも、某有名サイト等でも、商品を買った人の口コミを参考に買ってしまう人が多いと考えられます。ですが、有名なサイトを経由したショップでも安心だと思ってはなりません。有名サイトは、仲介が主であり、信頼調査は余り把握しきれていません。実際、有名企業が、セールを実行した所、一部のショップは元価格を高額にし、割引と偽りました。ですから、ネット売買は信用しきれないという事です。一番の情報源は、友人、知人でしょう。

経験が有る人なら、問題の起きない所を知っています。ネットの情報は、信頼できないと思っておき、自分で決断しましょう。

中古携帯を選択する際の注意点を抑えてみましょう。まず、危険性を考えてみましょう。中古携帯には、ネット上の売買詐欺や、商品が動かない。商品品質が説明より悪いに始まり、盗難品だった、契約不履行品の赤ロムで使用出来ない等、リスクが有ります。売買価格が異常に安すぎる商品は、何か訳有りで、詐欺売買の可能性の危険もはらんでいます。

裏が有ると考え、買わないのが賢明です。理解しておく事は、携帯は、消耗するという事です。昨今のデザイン改良、高機能、大画面により、内部電池は、取り外しが出来なくなってしまっています。携帯バッテリーは、通常使用寿命は2年位となっています。余り古い機種を買ってしまうと、充電池が駄目だったというリスクも考慮してください。比較的新しい機種を買ってしまうか、バッテリーが交換済みという機種も狙い目です。

更新情報